産業・経済

  • 人はなぜ木造住宅密集地域に住み続けるのか

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 2021年の1月、ある経済学者がこの世を去った。上智大学、日本大学で教鞭を取られた山崎福寿先生である。山崎先生…

  • 20年国勢調査からもう一度人口を考える

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 本連載では、既に一度2020年の国勢調査を取り上げたことがある(第71回「20年国政調査から人口を考える」)。…

  • 東京9カ月ぶり転入超過連続
    東京一極集中は是正傾向か?コロナ以前に戻るか?

    先月(4月26日)、住民基本台帳人口移動報告によると東京の転入超過(※1)が3万3340人になったと、総務省からの発表がありました。 また、今年の1月には「東…

  • 女性が活躍する地域は元気な地域か

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 この連載でも何度か紹介したように、大正大学地域構想研究所では、自治体の若手・中堅職員向けに地域戦略人材塾(塾長…

  • 世界的な視野で見る日本の人口問題

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 日本の人口問題は、世界の人口問題でもある。世界も日本と同じような人口変化をたどりつつあり、日本と同じような課題…

  • ワクチンの接種をいかに円滑に進めるか

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 (2021年9月「地域人」第73号掲載) 大正大学の地域構想研究所では、4月から、私が塾長を務める「地域…

  • 20 年国勢調査から 人口を考える

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 総務省から「令和2年(2020年)国勢調査人口速報集計」が発表された。その結果を紹介しながら、改めて人口問題に…

  • 消滅可能性都市だった豊島区

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 2014年、増田寛也氏が中心になってまとめた日本創成会議の「ストップ少子化・地方元気戦略」という報告書は、消滅…

  • コロナショックと生活意識の変化

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 コロナ危機は経済社会に大きな影響を及ぼしつつあるが、この影響には2種類ある。一つは、一時的な影響であり、コロナ…

  • サステナビリティとフューチャーデザイン

    著者 大正大学地域構想研究所教授 小峰隆夫 近年、地域創生との関係で「サステナビリティ」という言葉をしばしば耳にするようになった。これを明確に定義するのは…