地域活動・コミュニティ

  • 小学生わくわく企画「SUP&無人島体験ツアー」

    著者 地域支局研究員(徳島県阿南市) 鈴江省吾 このほど徳島県阿南市で、小学生がSUPや無人島探検を楽しみながら自然環境の大切さを学ぶイベントが開催されま…

  • つながりを大切に、地域の活力を産んでいきます

    著者 南三陸支局長(宮城県南三陸町) 阿部忠義 はじめに 宮城県南三陸町は、町境が分水嶺と重なっているため、降った雨が町内の森里を潤し志津川湾に注ぎ…

  • 地域実習から益田市職員へ

    益田市教育委員会 ひとづくり推進監 大畑伸幸 平成29年、大正大学地域創生学部の地域実習(7名・40日間)を益田市で受け入れることとなり、その一期生として、…

  • 国はじまりの島から 共に未来を創る

    兵庫県淡路支局 山中昌幸 2020年4月5日に開設された大正大学地域構想研究所淡路支局の活動をご報告いたします。 淡路ラボ構想の策定 淡路支局開設2日後…

  • 最上町(山形県)から海外発信中!

    山形県最上支局 金田綾子 4月から最上町の地域おこし協力隊に着任した張申豪さんを紹介いたします。 台湾宜蘭県出身の東呉大学日本学科を卒業した26歳です。中…

  • クラウドファンディングによる地域づくり

    寺院を地域のよりどころに コロナ禍と「集いの場」で紹介した富士宮市の来迎寺は、現在、地域づくりの拠点となるためクラウドファンディングに挑戦しています(期間:2…

  • コロナ禍と「集いの場」

    援助希求を発見する「集いの場」 先日、富士宮市社会福祉協議主催の富士宮市生活支援体制整備事業セミナーで「寺院からはじまる共生の地域づくり~宗派、檀家の垣根を超…

  • 「復興祈11-21」、10年かけて咲いた花

    著者大正大学地域構想研究所 特命講師齋藤知明 震災から10年を迎えて 花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に 花は 花は 花は咲く 私は何を残し…

  • 「すがもプロジェクト」という挑戦

    著者 大正大学地域構想研究所 特命講師 齋藤知明 スタートから困難が 「日本最大級の『地域に根ざした学び』」。他大学と比べて、大正大学が高校生に向け…

  • テクノロジーで人とまちの関係性をどう変わる?―大正大学生と企画した「藤枝とあなたをつなぐサービス ジブンドコ。」から考える

    著者 大正大学地域構想研究所 地域支局研究員 天野浩史 大正大学関連事業法人でもある一般社団法人ミライヌでは、この秋、「藤枝とあなたをつなぐサービス ジブ…