中島ゆき

  • コロナで日本の職業はどう変化するのか、 今年の国勢調査の結果に注目

    今年は国勢調査100周年ということで、これまで以上にテレビやネット、車内吊り広告などでの案内を目にしているように思います。 メインキャラクターが愛らしい芦田愛…

  • コロナ禍など、災害時の応援隊としての「関係人口」を考える

    「コロナ 支援 通販」のキーワードが急上昇 このコロナ禍の中で、これまで以上に多くの方が何らかの地域支援の行動を起こしています。その代表的なものの一つに「コロ…

  • 6割の自治体が策定終了している

    本来であれば新年度を迎え、新しいことの始まりで慌ただしくもワクワクした気持ちが膨らむ時期であったはずでしたが、新型コロナウィルス感染拡大によって本年度は未曽有の…

  • 「関係人口」創出に向けた課題と視点について

    次期「総合戦略」が4月からスタートします。国の第1期「総合戦略」の基本目標の一つであった「東京一極集中の是正」が目標達成していないと指摘されている中、その対策の…

  • 「エビデンス」という言葉が独り歩きしないために

    「時として“結論ありき”でデータを使い“根拠”を作り上げてしまったり、立案者の勘や経験に依拠して、実効性に欠けるような施策を立案してしまったりしたケースもある」…

  • 地域間連携という測定しにくい「効果」測定の試み

    エビデンスが重要視されてきている 最近はEBPM(Evidence-Based Policy Making=証拠に基づく政策立案)の重要性が謳われ、政策効果を…

  • この15年で日本の産業構造はどう変わったのか?

    いよいよ新元号「令和」が始まりましたね。このタイミングで、先月は「平成を振り返る」という企画で、本HPで紹介した「平成で新たに誕生した職業」と「消えた平成の職業…

  • 国勢調査より「平成で新たに誕生した職業」_前編

    先月、全国小学生の「将来つきたい職業ランキング」でYouTuberが3位にランクインしたという調査結果が発表されていました(※1)。同調査は2010年から毎年実…

  • 国勢調査より「平成で新たに誕生した職業」_後編

    前回は「 国勢調査より「平成で新たに誕生した職業」」前編で、一覧をご紹介しました。後編では、それぞれの職業が生まれた背景を、時代の変化と合わせてみていきたいと思…

  • 数字に強いまちになりたい!(研修事例紹介)

    先日、オープン化されている統計データを二次加工するスキル研修を某自治体職員に向けて実施しました。その際に、そのデータと自治体職員の体感値(=すなわち「暗黙知」に…