小川有閑

  • 寺院における新型コロナウイルスによる影響とその対応に関する調査②

    前回のレポートで、BSR推進センターで実施したウェブ調査「寺院における新型コロナウイルスによる影響とその対応に関する調査」について、その背景、目的を述べさせてい…

  • 寺院における新型コロナウイルスによる影響とその対応に関する調査

    コロナ対応に苦慮する寺院 新型コロナウイルス対策として、「三密(密閉・密集・密接)」を防ぐということが掲げられました。三密になる可能性のある多くの業種で営業休…

  • 仏教教団の新型コロナウイルスへの対応

    緊急事態宣言を受けて拝観停止 新型コロナウイルスの流行は、私たちが経験したことのない事態となっています。その影響は、生活の様々な分野に及んでいますが、寺院も例…

  • 宗教者を受け入れる側の意識を探る

    高齢者福祉施設の職員への調査決定 一年近く間隔があいてしまいましたが、科学研究費研究「多死社会における仏教者の社会的責任」(2015年度~2017年度)挑戦的…

  • スピリチュアルケアの定着に向けて

    スピリチュアルケア導入の障壁 かなり間があいてしまいましたが、昨年12月17日に開催されたジョアン・ハリファックス(Joan Halifax)老師特別セミナー…

  • 第2回地域寺院倶楽部シンポジウム報告

    BSR推進センターでは、3月12日に大正大学大会議室を会場として、第2回地域寺院倶楽部シンポジウムを開催いたしました。今回のテーマは、「まちに開く、まちを拓く …

  • 現代の「苦」を見つめる

    個の苦しみから世界を癒す 前回まで、挑戦的萌芽研究「多死社会における仏教者の社会的責任」の紹介をさせていただきましたが、今回はちょっとお休みをさせていただき、…

  • さまざまな現場の声をきく

    細切れの専門職をつなぎ合わせる 前回は、挑戦的萌芽研究「多死社会における仏教者の社会的責任」に着手する背景となる、宗教界・研究の動向をご紹介いたしました。今回…

  • 「超高齢・多死社会への新しいケア・アプローチ」が科研費に採択されました。

    BSR推進センターの「超高齢・多死社会への新しいケア・アプローチ」(研究代表者:小川有閑)が平成30年度科学研究費助成事業の挑戦的研究(開拓)にて採択されました…

  • 高齢者ケアに僧侶はどう関われるか?

    未体験ゾーンへの突入 今や日本の高齢者(65歳以上)が全人口に占める割合は27%にまでのぼり、昨年、亡くなった人の数は134万人、十数年後には160万人を超え…