養老 孟司

1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。1995年、東京大学医学部教授を退官し、同大学名誉教授に。1989年、『からだの見方』でサントリー学芸賞を受賞。
著書・共著多数。近著として 、『遺言。』(新潮新書)、 『半分生きて、半分死んでいる』(PHP新書)などがある。

最近の投稿

  • 機能主義

  • 久米仙人

  • 政治の原理原則

  • 精進料理と人工肉

  • マンガと日本

投稿一覧

Profile

顧問・教授・研究員