直言!今月の地域構想

  • 健康とまちづくり

    高齢化社会における「まちづくり」 わが国では急速に少子高齢化が進んでいる。それに加えて、経済のグローバル化に伴って、生産拠点が海外に移転し、管理機能のみが国内…

  • 「地域の教育力」で新たな活力を

    「土着」と「自立」 1978年(昭和53 )から2年間、在外研究のためにフランスに滞在した。「フランスにはパリと砂漠しかない」と言われるように、フランスは、政…

  • オンライン化と教育

    オンラインの活用と市民生活の変容 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って、オンラインを活用したリモートワーク、リモート授業、行政手続のデジタル化の推進等が注目…

  • 新型コロナ危機を地方創生の好機に

    新型コロナで見えた日本の強みと弱み 新型コロナウイルスの世界全体での感染者数は7月半ばには1300万人を超え、死亡者数も60万人近くになっている。これに対し、…

  • 都市と地方の間に人的好循環を

    23区内の大学受験者数は減少 令和2年春の大学入試においては、東京23区内の大学の受験生は幾つかの例外を除いて軒並み減少し、地方に所在する大学の受験生は増加し…

  • クラスター効果

    クラスター効果とは ここでいうクラスター効果とは、クラスターの形成によって生み出されるさまざまな利点をいう。まず、クラスターとは、一定の地域における企業の集積…

  • 地域解明の視点

    地域人口と平均年齢 わが国においては、地域の在り方は極めて多様である。それだけに、地域の構造を解明する視点があらかじめ明確でなければならない。そのためには、何…

  • 老いる「地域人」

    中央主導の「地方創生」 わが国は、長い間、中央集権・集中が全体的な特徴であった。それだけに地方分権・分散が提唱されてきた。この十数年を振り返ってみても、「地方…

  • 少子高齢化

    少子高齢化・人口減少 今世紀に入ってから、我が国においては人口は微増傾向をたどった。だが、その後は少子高齢化が続き、人口は2008年をピークとして減少に転じた…

  • 平成から令和へ

    連続性と非連続性 平成から令和へと元号が変わった。 だが、時代は変わるのだろうか。 歴史の変化には、二つの側面がある。連続性と非連続性である。時代…