その他

  • 政治の原理原則

    政治には以前からまったく関心がない。この齢になると、それがいいことではないと思うようになるが、今更どうしようもない。家内がときどき政治家の話をするが、ほとんど聞…

  • 精進料理と人工肉

    精進といえば、お寺さんを連想する。昨年は広島県で、イタリアン精進料理をお寺さんでご馳走になった。なかなか美味だった。料理の質はそれにかけた手間にかなり比例するの…

  • マンガと日本

    日本がマンガ・アニメ大国になった理由を以前に論じたことがある。その背景を私は音訓読みという特殊な文字の読み方だと考えた。ヴェトナムや朝鮮は漢字を取り入れたが、音…

  • することないか?

    ヒトの作業には二つあると私は思っている。一つは対人で、もう一つは対物である。ほとんどの人が、とくに都市生活では、対人に時間を費やしていると思う。お金になるのは、…

  • 【2020年 事務局の動き】

    ■1月~3月 1月1日~5日 すがも鴨台観音堂(さざえ堂)の年始開館 1月11日 SDGs COLLECTION supported…

  • 自然な街

    ひとりでに街ができてくるということはあるのだろうか。インドでは工事現場に家族連れの労働者が集まって、アッという間にスラムができる。ということを『シャンタラム』 …

  • きれいな水

    水の問題は現代では過不足であろう。多すぎると洪水、少なすぎると旱魃。 でもそれ以外に大きな問題がある。汚染である。マイクロプラスティックはともかく、水はきわめ…

  • SDGsなど、新しい時代の普遍的価値を掲げる意義

    著者 大正大学地域構想研究所 副所長 首藤正治 日米貿易交渉の決着 日米貿易協定交渉が最終合意に至った。トランプ大統領によるTPP離脱で大きく局面が…

  • 大正大学・地域創生学部の地方実習を振り返って  (後編)

    前回は奄美実習の振り返りとして、座学や体験学習、そして子どもたちをはじめとした地域の人々との交流における学生の活動の様子をお伝えしました。今回は、そうした実習活…

  • 大正大学・地域創生学部の地方実習を振り返って  (前編)

    大正大学・地域創生学部では、授業の一環として40日間、全国13か所で同時に地域実習が行われます。今回は、実習地の一つである奄美での1年生・男女8名の活動の様子を…